忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダイエット


やはり検索数を見ていて圧倒的に多いのは「ダイエット」ですねぇ。あとは健康を気にする人からの検索で「サプリメント」です。ラジオショッピングやテレビショッピングで大人気なのは、ダイエット商品、サプリメントなどの健康食品が多く紹介されます。テレビショッピングの場合は、ダイエット商品の紹介が多いです。ラジオショッピングの場合は、サプリメントなどの健康食品の紹介が多いです。これは、ラジオを聴いている人たちは、健康維持を心がけている人が多いということになります。健康維持を心がけている消費者にいくらダイエット商品を売りつけようとしても無理なことです。ダイエット商品を望んでいない、必要としていない消費者に対していくらアプローチしてもなかなか売ることは難しいと思います。よっぽどプロモーションがうまかったり、営業トークが優れているというのであれば別ですが。そういえばラジオショッピングでダイエット諸品を紹介しているの聞いたことないかも?!。

グーグルSEOに強いWebサイト。高強度「サイトアーキテクチャー,コンテンツ,被リンク,更新」
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難易度上がる。SEO未来予測まとめ
被リンクの種類は2つ「共通部分,オリジナル部分」。組合せ方は3通り
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
SEO集客アップの4要素。「安定1位表示の3要素」+「コンテンツの量」
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
複数サイト間の記述重複問題と対策、オリジナル部分・共通部分・URL部分
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
PR

探す


アフィリエイターとして食べていきたいというのであれば、他のアフィリエイターと同じ商品を紹介していては売り上げは上がりません。他のアフィリエイターが目を付けていない商品を取り上げて紹介するしか方法はありません。流行っているからやろうという考えでは絶対に稼ぐことはできないのです。雑誌を見ていると、発売前の商品が良く紹介されていますし、プレゼントとして商品が紹介されていることがあります。そこに目を付けて、アフィリエイトリンクを探して貼ったらいいのです^^。雑誌を買う人は限られます。年代、性別によって雑誌がありますので、ライバルも少ないのです。宿主にもよるでしょうが、男性が女性雑誌を見ることは稀なことですし、もちろん逆も稀なことです。美容師さんや看護師さんであれば、男性誌、女性誌どちらも見ることが出来るかもしれません。ですがほとんどの読書はどちらかに偏ります。それでいいと思います^^。不公平ではありません^^。

外部リンク サービス
検索上位
SEO対策 ブログ
検索上位
外部リンク
低価格 SEO対策
SEM
SEO対策 マニュアル
SEOコンサルティング サービス
SEO対策 キーワード
SEM対策会社
SEO 東京
格安SEO対策
SEOプロフェッショナル
ブログ SEO対策
SEO対策 料金

複合


複合キーワードで対策するメリットとして、月間検索数は少ないかもしれませんが、訪問者の購入意欲は高いので、アフィリエイト収入が入ってくる確率は高くなります。月間検索数が多いからと言って、アフィリエイト収入が多くなるかと言えばそうでもありません。月間検索数が多いのになぜアフィリエイト収入が伸びないかというと、ライバルが多いからです。同じキーワードで上位表示を狙っているライバルが多く、同じ商品を扱っていたり、サービスを提供しているサイトが多いのです。そのため、自分のサイトはSEOに時間やお金をかけて上位表示させないと、この月間検索数が多いキーワードでアフィリエイト収入を得ることは不可能に近いのです。月間検索数が多いキーワードのことを「ビッグキーワード」と呼びます。逆に月間検索数が少ないキーワードを「スモールキーワード」と呼びます。ビッグキーワードで対策するより、スモールキーw-アドで対策して上位を狙った方が得なのです。

会社 SEO対策
インターネット広告代理店
SEO対策会社
SEO対策 東京
Bing SEO対策
被リンク
バックリンク
インターネット広告代理店
ホームページ SEO対策
Webサイト 集客
検索エンジン対策
SEO対策 費用
SEO対策 セミナー
SEO対策 低価格
SEO対策 プロ
SEO対策 見積り