忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

急上昇


検索エンジンによっては、今一番検索されているキーワードを表示させていることがあります。docomoのdmenuにも検索急上昇のキーワードが表示されていました。ニュースになった芸能人の名前や、ニュースの記事のタイトルなどが表示されていることがあります。この検索上昇のキーワードは2つ3つは表示されています。ッ見る人、検索する人がいるから検索エンジン側もこのように検索急上昇ワードとして表示させるようになったのでしょうね。しかも1日の急上昇キーワードではなく、タイムリーなんですよね、そのキーワード。ニュースになった芸能人の名前が特に多いと思います。皆さん興味があるのですね^^。有名でみんながみんな知っている人なら検索しないのでしょうが、自分が知らない芸能人の名前はみんな調べています。うちも調べます^^(笑)。うち貢献していたんだな(笑)。でも、この好奇心は大切だと思うのです!。無関心ほどつらいことはないですから・・・。

短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い

池袋のカウンセラーサイト(ヒプノセラピーサービス)
ヒプノ セラピー池袋

コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
「山」続きの我が人生。「高み」を目指すと次々と「山」が出現する
2014年も「被リンクの量」がものを言う。被リンク効果実感は量に比例
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
SEO集客Blogは更新日(更新頻度)固定厳禁。集客Blog群全体で集客数固定
なぜエンパワーメントが必要か?何でもセルフ志向な経営者は滅びる
「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
新式のニュー衛星サイトと旧式のオールド衛星サイト。どちらが安全か
PR

情報


有名で人気のあるブロガーさんは、記事の書き方が非常に上手です。写真の撮り方ひとつにしても、言葉の使い方も非常にうまい!!!。食べたものの写真、店内の写真、店の外観の写真はもちろんの事、その食べに行ったお店の情報も事細かに記してくれています。極めつけはそのお店のリンクをしっかりと貼ってくれている事。写真、店舗情報(住所や電話番号)、食事の感想は記しているのですが、肝心のお店の情報へのリンクがない。そのブログを見て食べに行きたいと訪問者が思ったとしても、全く言ったことのない地域だったら、訪問者は混乱してしまいます。だから住所を記載しているじゃないかと言われるかもしれませんが、土地勘のない人がその住所を見たところで分かるはずがありません。お店のホームページがないのであれば、せめて地図へのリンクを貼ってあげると、このブログはとても親切で分かりやすい!と訪問者が思ってくれて、自分のブログのファンになってくれます。

上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク

催眠の「退行」とは何か?ヒプノHP
退行 催眠

「Bingで上位表示、Googleは検索圏外」原因。被リンク過剰パターン化
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
画像リンクを増やす
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い

画像


検索エンジンは画像を苦手としていますが、人間は画像を求めています。関連検索に、「○○○ 画像」とよく表示されています。これが検索ユーザーが画像を求めている証拠です。検索ユーザーは画像を探し、その画像を見て、まだ見たことのない実物を想像します。もしその検索ユーザーが何か欲しいものがある、でも買う前にちょっとどういうものか見てみたいという場合に、その欲しい商品の情報(画像)を見て参考にしたいのです。ですので、検索ユーザーのために、画像をアップルする時は、色々な角度から撮影した画像をアップするとより親切です。商品だけ見たい人ももちろんいますが、食べ物であれば原材料を知りたいという人もいます。原材料を気にする検索ユーザーのために、原材料の部分の画像をアップすると親切です^^。あとは画像ではありませんが、商品の基本情報は載せた方がユーザーは参考にしてくれます。買った場所、内容量、価格を表示しておくとありがたがられます^^。

心理面から問題解決を図るカウンセリングサービス、池袋店HP
池袋 カウンセリング

安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
SEO効果高いアンカーテキストは時代で変る。要約型・質問型被リンク
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
グーグル不動の上位表示コツ。高コストの強いサイトから被リンク獲得。強い衛星サイト,強い相互リンク
トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る